反転剪除法の治療効果とは?手術の特徴を紹介

実績のある治療法『反転剪除法』

剪除法は部分麻酔をかけてからワキの皮膚を数センチ切開します。

切開した皮膚を裏返すとそこにアポクリン腺が確認できるのでそれを意思が直接目視で取り除きます。感染と毛根は近いところにあって汗腺を取り除くとワキ毛の毛根も一緒に取れるためこの治療を受けるとワキ毛もかなり薄くなります。

皮膚を切開して直接目視してアポクリン腺やエクリン腺を取りのぞくので、他のワキガ治療と比べるとかなり成功する確率は高いといわれています。

アポクリン腺を多く取り除くほど手術の成功率も上がります。ただ、切開をするので通院する必要がありダウンタイムもあります。

剪除法の効果とデメリット

剪除法のデメリットは多汗症の原因であるエクリン腺を取り除くには向いていないことです。

エクリン腺はたくさんあってこの治療だけで全てを取り除くことは難しいです。

また、ワキの皮膚を切除して裏返すため完治するまでに1週間から2週間かかります。その間は縫い口が緩まないようにワキを固定する必要があります。

また、ワキにも2本から3本ぐらい手術痕が残ります。担当する医師の腕にもよりますが全く無傷というわけにはいきません。

効果はかなり高いとされていますが医師の技量によってアポクリン汗腺の取り残しがあることもあり、結果的に匂いが再発したり完全に消えないリスクもあります。

剪除法の費用はどれくらい?

剪除法の費用は保険適用だと5万円前後ぐらいですが、適用されるかは内容や病院によって判断基準が異なってきます。

曖昧なところもあるので事前に確認や口コミなどの調査を必ず行ったほうがよいです。

適用される治療と自由診療だとかなり金額にも差が出てきます。

例えばテレビなどでもよくCMなどをしていて有名な美容クリニックだとほぼ適用外になるので、負担を抑えたいときには一般的な病院を探した方が良いです。

美容クリニックによってはモニター価格で受けられるところもあり、その場合だと料金も安くなることもあります。適用されれば価格も安くなりますが、必ずなるわけではないため医師にしっかりと確認したほうが安心です。

剪除法を受けるなら整形外科や皮膚科へ

剪除法は美容整形外科や皮膚科、形成外科、美容外科がある病院やクリニックなどで受けられます。

一般の病院だと手術を行ってなかったり、手術をするかしないの判断基準も違います。

医師や看護師が直接臭いをかいでから判断する病院もあります。先にホームページで調査したり、電話で直接質問したほうが良いです。

剪除法は直視下手術法で行われる治療で最も多く行なわれている手術です。

ワキを数cmほど切って皮膚を裏返してワキガの臭いの原因であるアポクリン腺を医師が目視で除去します。効果はかなり高いとされていますが傷は残りやすいので病院選びは重要です。