ワキガ治療の吸引法とは?その特徴を解説

吸引法の治療の特徴

吸引法とは皮膚に5ミリほどの穴をあけてアポクリン腺を吸引するという方法です。

別名でクワドラカット法と呼ばれることもあります。

傷口が小さくてすみますから、なるべく傷跡を残したくないという方には良い方法です。

ワキガの改善効果としては大体30%ほどだと考えておくのが良いとされています。

またアポクリン腺をどのくらい吸引するかによってもダウンタイムが変わってくるので、それについては医師と相談して決めることになります。

同じように小さな穴をあける方法としてマイクロリムーブ法がありますが、こちらは粉砕して除去する方法なので少し違います。

吸引法の効果とデメリット

吸引法の効果としては再発率が比較的高い方法だといわれているため、永久的に再発しないものだとは言えません。

吸引法ではメスを入れてアポクリン腺を確認しながら除去していくのではなく、皮下にあるアポクリン腺の位置を予測しながら除去しているため、確実に全てを取り除くことができないのです。

ただ小さな穴をあけるだけですから手術痕はほとんど目立たないというのがメリットです。

逆にデメリットとしてあげられることはやはり再発率が高いということ、通院の必要があるということでしょう。

傷の回復具合にもよりますが、最低でも2、3回は通院する必要があります。

抜糸までが大体術後1週間はかかりますので、それくらいはかかると考えておくといいです。

吸引法の費用は?保険は適用できない

吸引法の費用はおよそ両ワキを手術して20万円前後となっています。

基本的に保険が利かないので、高いところでは50万円ほどになるケースもあります。

実際のところ、一度で完全な効果を得ることができない可能性が高い手術の方法なので、ワキガ対策として完全に効果を得たと言えるまで何度も手術を受けなければいけないということも有り得ます。

そういった意味では合計するとかなり高額になってしまうことになります。

コストパフォーマンス面では良いとは言えないでしょう。

重度の方は他の方法を考えたほうが良いでしょう。

吸引法はどこで受けられる?

吸引法を受けることができるのは美容整形外科もしくは皮膚科のクリニックです。

どちらも保険適用をできるところとできないところがありますので、費用面を考えるのであれば前もって確認をしておくほうが良いです。

保険を使えるのと使えない場合とではかなり金額に違いが出ますので、必ず問い合わせておくほうがいいです。

術後の見た目を重視したい方は特に前者を選択することで、よりきれいな仕上がりになることが期待できます。

美容とつくぐらいですから、見た目の美しさにこだわっている医師が多いためです。

ただ腕が伴っていないこともあるため、ワキガの手術をした経験が多いところを見つけたほうがいいです。