自宅でできるワキガ対策をご紹介

日常生活でもニオイ対策は可能

ワキガ対策として日常生活ですぐにでもできることは、入浴方法の見直しです。

忙しくてシャワーで済ませてしまう人も多いですが、これを湯船に浸かることに変えましょう。

その違いは、体がより温まって血行促進となり毛穴がしっかりと開くことです。表面の汗を流すだけでなく、臭いのもとをしっかり落とすことができます。

近年の欧米化された食事を見直すことも、すぐにできる対策の一つです。

動物性タンパク質・脂質の摂り過ぎはワキガ臭を促進してしまいます。また、喫煙・飲酒などの生活習慣も発汗作用があるため、雑菌増殖、体臭の原因となりますので、控えましょう。

塩化アルミニウム液で対策

塩化アルミニウム液は、その殺菌効果の高さと、汗腺出口を塞いで発汗を抑制する作用により、ワキガ対策用の制汗剤に含有されていることが多いです。

具体的には、汗に含まれているタンパク質と結びつき、これが毛穴を塞ぐというメカニズムになっていて、独特な臭いが発生するサイクルを断ち切ります。

デメリットとしては、汗と反応して塩化水素が発生することにより刺激性が高く、時に肌トラブルを招くこともあるという点があげられます。また、毛穴を塞ぐことにより汗が詰まり、水泡ができてしまうケースもあります。

試してみて、合わないようであれば使用を中止しましょう。

ミョウバン水も効果的

ワキガ臭を発生させる皮膚常在菌はアルカリ性の環境を好みますが、カリウム・アルミニウムからなるミョウバンは水に溶けると酸性化するため、これを皮膚の表面に塗ることによって皮膚常在菌の繁殖力を抑制し、結果的に臭いの発生も減らすことに繋がります。

ワキガ対策用に含有されている石鹸も市販されています。

デメリットとしては、その効果が持続しにくい点です。

塗っても汗でたびたび流れてしまうため、万能薬ではなく対処療法にすぎないとも言えますが、他の対策と組み合わせることで酸性環境の持続性も高めることができる可能性もあります。

簡単にできる、デオドラントでの対策

ワキガ対策として広く知られているのが、デオドラント剤(制汗剤)です。制汗剤の持つ作用は、汗腺の出口を薬剤によって塞いだり、収れん作用により毛細血管を収縮させて発汗を抑える、というものです。

ここにさらに除菌・殺菌作用成分も配合されています。

制汗剤の中でも効果が高いと言われているデオドラントクリームは、肌に直接塗り込みなじませるというクリームテクスチャにより、汗や水にも強く流れにくいという特徴があります。

多くの中高生が好んで使用するデオドラントスプレーは手軽ですが、特にパウダー入りのものでは汗で固まってしまうというデメリットがあります。