ワキガは手術すべき?それとも制汗剤がいい?

ワキガ手術と手術以外の最も大きな違いとは

ワキガは身近な人たちを、その臭いによって嫌な気分にさせてしまうと共に、自分自身にとっても行動が消極的になるなどの問題があるため、根本的な改善方法として手術を選択する人は少なくありません。

またそれ以外の方法、例えば制汗剤やワキガ対策用の石鹸の使用といったやり方で対策を行う人も大勢います。

それらの対処法の大きな違いとしては、効果の持続期間が前者は長く、後者は短いという点が大きいでしょう。

また、前者の方法では小さくない費用がかかるという点や、痕が残るなどのリスクがあるという点を考慮する必要がありますが、後者の方法ではそういった心配をしないで良いという違いもあります。

反転剪除法のメリット・デメリット

ワキガの手術と一口に言っても、実はいくつかの方法があって、その代表的なものの一つが剪除法です。

この手術は長く行われている比較的古い方法ですが、現在でも主流と言えるものでもあります。

この手術はワキをメスで切開して、臭いの原因となる汗を出す汗腺を切除してから縫合するというやり方で行われます。

そのメリットは、高い効果が期待できること、そして保険が適用されるので経済的な負担が比較的小さいことで、通常は5万円前後で受けることができます。

またデメリットは、メスを入れて縫合するために、ダウンタイムが長くなることや、目立つ傷跡が残りやすいことです。

吸引法のメリット・デメリット

剪除法のように、体にメスを入れることに抵抗感があるという人が選択する手術の一つが吸引法です。

この手術は、ワキに開けた小さな穴からカニューレと呼ばれる管を入れて、臭いの原因となる汗腺を吸引して取り除くというやり方で行われます。

この手術のメリットは保険が適用されるので費用が安く済むこと、メスを入れないので傷跡が目立ちにくいこと、体への負担が小さく、ダウンタイムが短いことです。

またデメリットとしては、剪除法と比較するとどうしても汗腺の取り残しが生じてしまうため、ワキガを完全に解消できない可能性があること、後で再発してしまう恐れがあることです。

ミラドライのメリット・デメリット

剪除法や吸引法よりも新しく、近年大きな注目を受けるようになっている手術がミラドライです。

この手術の大きな特徴は、皮膚をメスで切開したり穴を開けたりするのではなく、マイクロ波によって汗腺を焼いて破壊することによりワキガを改善するという点です。

そのメリットして大きいのは傷跡が残りにくいことで、特に女性にはその点をありがたいと感じる人が多いです。

また施術時間やダウンタイムが短いという点も人気の理由です。

デメリットは、保険が適用されないので、一般的には30万円前後大きな費用が掛かること、汗腺を破壊しきれなくて再発する恐れがあることです。