ワキガ手術を徹底解説

ワキガ手術には様々な施術法がある

ワキガの症状に人知れず悩まされている人は実は非常に多いものですが、ワキガ治療にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず一つはマイクロ波治療法です。これはミラドライに代表されるものですが、マイクロ波を脇に照射してワキガの原因となるアポクリン汗腺の働きを抑制するもので、切開せずに行えるメリットがあります。

その他の方法としては、脇の皮膚に切り込みを入れてアポクリン汗腺を除去していく切開法や細いチューブが入るぐらい皮膚を切開し、チューブを脇に挿入してアポクリン汗腺を吸引して除去していく吸引法があります。

切開法の種類と特徴

切開法で行われるワキガ手術の一種、反転剪除法とは脇の皮膚をめくりあげて医師が目視で汗腺を確認しながら除去していく手術方法です。

目視で確認ができるため取りこぼしが少なく、術後の再発が少なく効果が高い術法として知られており、ワキガと診断され、保険適用の医療機関で手術を受ければ健康保険が適用されるので両脇で5万円ほどでうけることができます。

そしてもう一つ、稲葉法という術法もありますが、こちらの特徴は脇の皮膚に切り込みを入れてシェーバーのような特殊な機械を挿入し、汗腺を除去していく方法です。

こちらは保険適用外のため費用は両脇で20~30万円ほどです。

吸引法の種類と特徴

吸引法のワキガ治療にはローラークランプ法、マイクロリムーブ法、クワドラカット法などの術法があります。

これらは使用する器具はクリニックによって異なるものの、皮膚に小さな切り込みを入れてチューブやカニューレと呼ばれる針状の器具を挿入し、ワキガの原因となる汗腺を吸引して除去する術法です。

切開部分がごく小さくて済むのでダウンタイムが短く、術後の傷跡が残りづらい特徴があります。

吸引法は保険適用外の治療方法になるため、自由診療となるため費用はクリニックにより異なりますが、両脇で20~30万円台が一般的です。

マイクロ波治療法の種類と特徴

マイクロ波治療法の代表格はミラドライですが、これはマイクロウェーブのエネルギーでワキガの原因となる汗腺を破壊し、汗の分泌を抑制する治療法です。

水にのみ反応して汗腺を破壊するため、体への負担が少なく、アメリカのFDAの承認を受けている技術のため、高い安全性が支持されています。

費用は自費のためクリニックにより差がありますが、30~50万円です。

また、高周波を極細の針を通じて照射するビューホットという最新の治療法もあります。

施術時間が短く、高い効果が特徴ですが、やはり保険適用外で自由診療となるため30~50万円はかかります。