保険が使えるワキガ治療とは?剪除法・脇ボトックスなどについて解説

どんな治療が保険適用になる?

ワキガは体臭が強くなる症状、多汗症はワキや顔、手の平などに過剰に汗が出てしまう症状の事を言います。

ワキガも多汗症も汗によって引き起こされるのが特徴です。

コンプレックスに感じる方が多いワキガ・多汗症ですが、治療によって解消する事が出来ます。

ただし、治療法によっては健康保険が適用されず、治療費が高額となってしまうケースもあるようです。

少しでも治療費を抑えたいのであれば、健康保険内で受けられる治療法を選びましょう。

一般皮膚科や形成外科であれば、剪除法という手術は健康保険内で受けられます。

ボトックス注射の場合、原発性腋窩多汗症と診断された方のみ、健康保険で治療が受けられるようです。

保険が使える剪除法とはどんな手術?

剪除法はワキガ臭や多汗症の原因となる、アポクリン腺自体を取り除く手術を行う治療法です。

ワキ部分を数センチ程度切開し、皮膚を裏返して医師がアポクリン腺を確認してから1つずつ切除していく施術を行います。

医師の技術が高ければ確実にアポクリン腺を取り除けるので、体臭や多汗症改善に大きな働きを発揮します。また、取り除いたアポクリン腺は再生しないため、時間が経っても手術の効果が続くという点も魅力です。

健康保険が適用されれば両ワキの施術を行った場合でも、約4万円から7万円程度の費用で受けられます。

ただし、回復するまでに約1週間から2週間程度の時間がかかる、傷跡が残るといったデメリットも挙げられます。

保険が使えるボトックス注射とはどんな手術?

ボトックス注射はボツリヌス菌という菌から作られた薬剤を、注射器でワキなどに注入する治療法です。

薬剤はアセチルコリンという伝達物質の分泌を抑制し、発汗を抑える作用や筋肉の動きを抑制し、発汗自体を抑えるという効果があります。

剪除法のように身体にメスを入れずに、治療できる点がボトックス注射のメリットです。

費用は健康保険が適用された場合、約3万円から5万円程度が相場となっています。

ただし、多汗症の治療では手足や顔などワキ以外には保険が適用されません。

保険が適用されなかった場合、約10万円程度の治療費がかかってしまう点は、ボトックス注射のデメリットと言えるでしょう。

参考

【体験レポ】広島で脇汗ボトックス注射によるワキガ治療を受けてきた関連記事

保険が利かない治療でも効果的な方法はたくさんある

ワキガや多汗症の治療には、健康保険が適用されない治療法も少なくありません。

マイクロ波によってアポクリン腺などの汗腺を破壊する、ミラドライという治療法も健康保険が利かない治療の1つです。

この治療の相場は両ワキに施術を行った場合、約30万円から45万円程度と言われています。

吸引法も健康保険が適用されない治療法です。

カニューレという細い管を挿入してアポクリン腺を吸引する事で、ワキガ臭や多汗症の症状を抑えます。

費用の相場は約15万円程度です。

健康保険が適用されない分、治療費は高額となってしまうものの傷跡が残り難いなどメリットがあるため、多くの患者さんが施術を受けています。