ワキガは汗のニオイとは違う悪臭がする

汗の臭いとワキガの臭いはぜんぜん違う

汗の臭いとワキガの臭いは全く違うものです。それぞれの臭いの特徴をあげていきます。

まず、汗の臭いは人によって様々です。そもそも汗自体かいてすぐはさほど臭いません。

運動などでかくさらさらとした汗でも暑い時などにかくべとべとした汗でも変わりません。時間の経過と共に菌が繁殖するため、異臭がするのです。

よく言われる酸っぱい臭いや古い雑巾の様な臭いがこれです。

つまり、汗をかいて、衣服やタオルなどについてしばらくたつと臭うことになります。どんな汗でも同様です。ただし、べとべとした汗のほうが臭くなりやすいです。

対してワキガの臭いは、汗をかかなくても臭います。

体臭の一種と言って差し支えありません。人間の脇にあるアポクリン腺から分泌される液自体が臭うためです。

一般的にワキガ臭と言われるその臭いの特徴は、鉛筆の芯とスパイスでよく使われるクミンを混ぜたような臭いがすることです。

どちらかと言うと、鉛筆の芯に近い臭いとなります。

ワキガ臭は周囲の人も不愉快にさせる

先に挙げた様に、ワキガ臭とは鉛筆の芯とクミンを混ぜたような臭いがしますが、人によっては玉ねぎの皮の臭いに感じる方もいます。

それ単体の臭いなら臭くないのですが、なぜかワキガ臭は臭く不快に感じます。これは、刺激臭成分が含まれているからです。

もちろん中にはワキガ臭を臭いと感じない方もいるでしょうが、ごくごく少数です。基本的に周りの人は迷惑に感じています。汗の臭いと合体すると最悪です。

さらに、周りの人が迷惑に感じる理由として、ワキガの人に対してその臭いを指摘しにくい点があげられます。

加えて、ワキガの人は先天的にワキガであることが多く、本人は臭いに気づいていないことがほとんどです。その臭いが他人にとって不快であることも理解できません。

つまり、人から指摘されないと臭いのケアができないということになります。汗ならば市販の制汗剤などでケアできるのですが、ワキガはそれらの制汗剤ではほぼ効果がありません。

よって、臭いのケアもしない上にワキガ臭が臭いことのダブルパンチで迷惑に感じるのです。